今日はシャンピニオン・オ・ヴィネーグルに天然のタモギタケを入れてみました。

こんにちは、メゾン・ブレイズです。
今週と来週は妻が入院中のため、ただいま店主一人で店番をしております。
いつもより梱包に多少お時間頂きますが何卒ご容赦ください。

さて、今日はシャンピニオン・オ・ヴィネーグル(キノコの赤ワインビネガーマリネ)にタモギタケを少量入れてみました。

ちなみに天然です。夏のキノコなのであまり知られていませんが、北見市内でも採れる場所が結構沢山あるんですよ。

数が無いのでなるべく均等に入れようと思いますが、もし入ってなかったらスミマセン…パンなどサービスしますので、次回ご来店時に「入ってなかったぞ〜!」とお伝えください。

ちなみに赤いのがタマゴタケで、右下の硬そうなゴロゴロしているものがヤマドリタケモドキ(仏語でセップ、伊語でポルチーニ)です。今回は7種類のキノコを使いました。

そしてこの写真は「オホーツクロブスター」なる謎の甲殻類の爪。
恐らくエゾイバラガニの爪かな~と思うんですが、スープドポワソンにいい味が加わると思い仕入れてみました。

メインの魚はクロゾイをチョイス。これ全部使います(笑)。

また、先週のスープドポワソンは二度濾しましたが、今回はあえて濾さずザラっとした質感を残した仕上げにしてみました。これまたオススメですよ〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です