「蝦夷鹿とフォアグラのシュー・ファルシ」。

12月からの温前菜メニューですが、なかなかの人気商品になっています。
12月と1月、2月では使う鹿やレシピも若干変えているので、より鹿の風味、旨みを強く感じられるのではないかなと。

また、フォアグラの量は大体このくらい(10gほど)入れています。
どうしても火を通すと小さくなってしまうのが残念ですが、赤身の鹿肉には適度なコクが必要だと思うのでやっぱり入れたくなりますね。

ちなみにディナーでもシューファルシを出そうと思っていますが、今店頭で提供しているお惣菜タイプのシューファルシとは全く違う形式で出すつもりです。
網脂で包んでオーブンで焼き上げ、濃厚なソースで食べる感じにしたいなと。
赤ワインが美味しく飲める、ディナーらしい、レストランらしい一品を考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です