「イワシとシシトウ、セージのベニエ」 「天然クレソンと生マッシュルームのビネグレット」

5、6月の季節メニューです。
ベニエは所謂フランス風の天ぷらなんですが、冷めてもカリッと美味しいので是非シャンパーニュやドライなシードルと合わせて頂きたいところ。

添付のレモンを絞ってお召し上がり下さい。
もしかしたらフロマージュブランのハーブソースを添えるかもしれません。

もうひとつはこの時期ならではの天然クレソンを使った一品。

クレソンって添え物以外で食べたことある方は少ないと思うんですが、実は単独でサラダにしても非常にレベルの高い野菜です。

これにモクモク・ポクポクとした食感が楽しい生のマッシュルームとシャキシャキのオニオン、コクをプラスするパテドカンパーニュ、そしてそれら全てを一つにまとめるビネグレットソースと、全ての要素が絡み合うことで「美味しい」と感じられるフランス料理らしいサラダに仕上がっています。

こちらもシャンパーニュとの相性が抜群なので、ぜひ合わせて頂けたらなと。

他にも野菜をたっぷり使った仔羊のブレゼ、パセリが山ほど入ったジャンボン・ペルシェなどを5、6月の季節メニューとして考えています。

4月を完全休業としたことでラパンやホロホロ鳥も残っていますから、これはまた別の料理にしていこうかなーと。

これからもお客様に楽しんで頂けるよう頑張りますので、コロナが早めに収束することを祈っていてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です