「ラパン(ウサギ)のブレゼ ブラックモリーユ添え」。

本日のメイン料理である「ラパンのブレゼ inモリーユ」ですが、既にご予約だけで大半がはけてしまい、既に残り1つとなっております。

ラパン(ウサギ)から出る濃厚な出汁をがっつり吸い込んだモリーユは最高ですよ。

このブレゼのソースには生クリームも使っているのですが、モリーユはクリーム系と最高の相性を持つキノコでもあります。
まだ食べたことが無い!という方は是非この機会にどうぞ。

また本日は阿寒湖産ヒメマスのミ・キュイも提供しております。
こちらも予約で大部分が出てしまったため端っこの若干崩れかけたところしか残っていませんが、味には何ら影響ございませんのでこちらもお見逃しなく。

山菜はワラビ、ウド、セリを使い(三つ葉はあったものの量が少なすぎたので断念)、津別の「ナツやさい」で仕入れたからし菜、生食できるケール、ラディッシュと組み合わせてマリネにしています。

生野菜入りのマリネなので、クッタリしすぎないようお渡しする直前にヴィネグレットソースと和えています。
少々お時間頂きますが何卒ご了承くださいませ。

またワインの量り売りも行っております。
今日は「White is blanc」というフランスのビオワインが売れました。

これ、開栓後も結構日持ちするのでお勧めです。
酸味もしっかりあるので、今日のラパンのブレゼとも相性が良いと思います。

それでは、これからイワシをさばいてベニエを揚げます!
今月は時間のかかる料理が多いので調理工程の多いベニエはどうしても最後になっちゃうんですよね。
しかしこいつも最高に美味しいので、雨の中来て頂く価値はあると思っています(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です