より高い品質でテイクアウト用グラスワインを提供すべく『コラヴァン』を導入します。

※この記事で使用している写真はコラヴァン公式サイトのものです。

こんにちは、メゾン・ブレイズです。
先週より小瓶に移し替えてのテイクアウト用グラスワインを販売開始しましたが、6月26日より「コラヴァン」というワインの劣化を防ぐ機械を導入し、より高い品質でグラスワインを提供できるように致します。
(ただ、最新モデルの日本発売が6月20日なので、到着が間に合わない場合は7月に入ってからの使用開始となります)

この「コラヴァン」は、医療用の針の技術を応用した外径1.57㎜のニードルをコルクに刺し、コルクを抜くどころかキャップシールすら剥がさずにワインを注げるという画期的なアイテム。

ニードルを抜いた後の穴は天然コルクの膨張効果で封止されますし、注いで減った分の空間は純度99.9%のアルゴンガス(ワインの劣化を防止します)でボトル内が満たされます。

既に導入されている方のご意見をお客様経由で伺いましたが、数か月前のボトルも今のところバッチリとのこと。

ということで、6月26日以降のテイクアウトワインは、ご注文頂いた後に「コラヴァン」を使って小瓶に移し替えてお渡し致します。

ランニングコストとしてアルゴンガスのカプセル交換が必要になるため、その分若干の値上げにはなりますが、これがあればかなりの高級ワインでも気軽にグラス提供できますから、結果的にお客様にも喜んで頂けるのではないかなと思います。

例えば赤ワインが大好きな方の場合…

「前菜系と合わせるのはお手頃な白や泡でもいいけど、メイン料理を頂くときの赤ワインはいいものを開けたい!」

ということがあると思います。

そういう時に、1杯分だけボルドーやブルゴーニュのグランヴァンを小瓶(しかも劣化の心配が無い)で購入できたら…?

それはおうちディナーを盛り上げる新しい形になるのではないでしょうか。

またこれまでディナーではボトルワインの提供しかしておりませんでしたが、この「コラヴァン」があれば品質の高いワインをグラスでもディナー時に提供できるようになります。

当店のようにディナーを月に1~2回程度しか行わない店の場合、グラスワインの提供は不可能だと諦めていましたが、これがあればいけそうだなと。

どんどん新しいものを取り入れて良いサービスを提供できるようにしていきますので、これからも是非楽しみにしていてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です