初めての方でも美味しく感じるパテを目指して。

こんにちは、メゾン・ブレイズです。

今回は「パテ・ド・カンパーニュ」についてのお話です。
札幌や首都圏だとこれを置いてないビストロは無いと言ってもいい定番メニューですが、北見ではあまり食べる機会が無いですよね。

店主はパテとワインの組み合わせがえらく好きなもので、地元でちょいちょい食べられないのが残念というか、ちょっと歯がゆく思っていました。

作り方は豚肉とレバー、背脂と塩・スパイスを練り合わせて焼くというシンプルなものなのですが、北見だとそもそもあまり知られていないので数が出ないんでしょうね。

飲食業はビジネスですからそれは理解できるのですが、美味しいパテは初めて食べる方でも「おぉっ?なんだこれ旨いな」と感じてもらえると店主は信じていたので、とにかくひたすら試作しました。

自分が「これは美味い。ワイン欲しくなる」と思えるのは勿論、初めて食べる方でも「よく知らない味だけどこれ旨いな」と思ってもらえるように。

勿論味覚は人それぞれですし、パテ自体割と好き嫌いの激しいメニューだとは思います。

ただ、そんな中でもより間口の広い味、慣れてない人でも美味しく感じられる味にできるんじゃないかと。

洋酒を使ったレバーの下処理、適度な柔らかさを保つ焼き加減、肉を練る時の温度調節、肉の風味を最大限に引き出すスパイスの調合と塩の量。

旨味が舌に染み渡る。ついグラスを傾けたくなる。そんなパテを目指して今日も仕込んでいます。是非ご自宅で楽しんでみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です